FCPXでかっこいいCGやエフェクトを使いたい、Motionで作ったジェネレータ無料で配ります。

お久しぶりでございます。
久々の投稿ということで今回は奮発しました!

無料配布!?

ということで、FCPXで使えるジェネレータを配っちゃいます。
あらかじめ言っておくと、ジェネレータを追加するためにはFCPXの他にMotion5のインストールが必要です。
Motion5持ってない方は下記リンクからどうぞ

目次

  1. FCPXとMotion5
  2. ジェネレータって何?
  3. 見本
  4. 設定方法
  5. 使用方法

FCPXとMotion5

FCPX(FinalCutProX)とMotion5はAppleが提供している映像編集ソフトです。
FCPXはいわずと知れた編集ソフトで、撮影した動画や、ダウンロードした素材などをタイムライン上で並び替えたり、タイトルを配置したり編集することができます。

Motion5ではタイトルやエフェクト、トランジション(切替効果)などの詳細な編集ができます。
もちろん、オリジナルのタイトルやエフェクトなども作成できます。長くなるので今回は細かい説明は省略します。

ジェネレータって何?

ジェネレータっていうのはFCPX上で簡単に使える映像素材(主にCG)って言えばいいのかな?
FCPX内で気軽に使用できる動画素材のようなものです。FCPXを使っている人ならお世話担っている人も多いはず。

Motion5を使用すると、お手軽簡単に使えて便利なジェネレータを作ることが出来るんです。
そこで今回はぼくが作ったジェネレータのデータを参考までに配布しようと思ったわけです。

Photoスライダージェネレータ

ぼくが初めて作ったジェネレータなので、作り的に甘い部分がいくつかありますが、、
今回は無料配布ということで多めに見てください(^^;

設定方法

  1. ファイルをダウンロード
  2. 解凍して指定のフォルダに追加
  3. FCPX上で確認

ファイルをダウンロード

下記リンクからZipファイルをダウンロードしてください。

【DL】ジェネレータをダウンロード

解凍して指定のフォルダに追加

ファイルを解凍して、ユーザー名/ムービー/Motion Templates/ジェネレータの中にフォルダごと追加します

↑↑こうなればオッケーです。

FCPX上で確認

FCPX上でPhoto Slider by Hideaki Tanakaが表示されれば設定は完了です。

使用方法

  1. ジェネレータをタイムラインに配置
  2. 写真や素材をスライダーに設置

ジェネレータをタイムラインに配置

通常のジェネレータと同じように、タイムライン上にジェネレータをドラッグアンドドロップで配置します。

写真や素材をスライダーに設置

タイムライン上のジェネレータを選択(クリック)して、画面右上のインスペクタを開きます。
インスペクタの左上に小さいアイコンが4つ表示されるので一番左のジェネレータインスペクタをクリックして開きます。

写真のドロップゾーンをクリックし、配置したい素材をブラウザから選択します。

全部埋めていくと、こんな感じになります。

まとめ

今回配ったジェネレータは、皆さんの自由に使っていただいて構いません。もし感想とかくださったら嬉しいです。
とあるアニメにすごくインスパイアされて作ったものなので、もし元ネタがわかった人がいたら、コメントでもコンタクトでもお待ちしています。

『Photo Slider』ジェネレータのデータ

【DL】ジェネレータをダウンロード

Motion5のインストールはこちらから

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です