目指せYouTuber!? iPhoneの画面を録画しよう!

iPhoneやスマホの操作をそのまま動画に載せたいことってありますよね?
そうです。YouTuberがやってるアレです!

スクリーンキャプチャを録画しよう

御多分にもれず、ぼくもアプリ紹介の動画案件でスクリーンキャプチャが必要になりました。
いわゆるユーチューバーのゲーム実況、アプリの動作紹介、そのほかミュージックビデオなどの表現の一部でも使われてますよね。
今回はiPhoneでのスクリーンキャプチャーの記録と活用法をご紹介します。

スクリーンキャプチャーの取り方

  1. コントロールセンターのカスタム
  2. キャプチャ開始
  3. 写真アプリ内に保存

コントロールセンターのカスタム

手順は画像の通りに 設定>コントロールセンター>コントロールをカスタマイズ>
「画面収録」を追加してください。

キャプチャー録画

そして画面下からスワイプすると、丸型のアイコンが加わっていると思います。
このアイコンをタップするとスクリーンの録画が始まります。
アイコンが赤に変わりましたね?またコントロールセンターを閉じると画面上部が赤くなるはずです。この赤い部分をタップすると画面収録の終了ボタンが表示されます。

写真アプリ内に保存

こうして収録された動画は写真のアプリの中に保管されますので、そこから自由に活用することができます。

スクリーンキャプチャのポイント(要注意点)

操作はゆっくり

iPhoneの画面は急ぐとコマ落ちします。
あとで編集する予定があるなら、なるべくゆっくり操作した方が良いです。急いで操作すると、あとでがっかりする場合があります。

他アプリはタスクキル

基本的に他のアプリはタスクキルしておきましょう。iPhoneの操作を見せる場面では余計なものは写し込まない方が良いですね。

通知オフ

出来るならば他アプリの通知もオフにしておくと尚良いです。
収録の途中にLINEが来たりすると最初からやり直しになることもあります。
短時間だから大丈夫って思ってる時に限って通知が来ますのでご注意。

編集するなら変換必須

iPhoneの画面収録、スクリーンキャプチャは可変フレームレートで記録しています。難しい説明を省くなら、編集をするなら可変フレームレートは画面のチラツキやバグの元なので、固定フレームレート30fpsなどに変換しましょう。
変換のためのソフトウェアは無料で利用することができます。

HandBrake(無料の動画変換ソフト)

変換する動画を読み込んだら、「動画」タブの「フレームレート」を変更してお好み(大抵は30fps)のフレームレートに変えてください。

スクリーンショットも撮っておく(Windowsの場合)

もう一度同じ手順でスクリーンショットを撮ってみましょう。
画面上の赤いバーの部分にぴったり重ねれば、赤い部分を隠すことができます。
もしWindowsなら、この方法がおすすめです。

その他の方法(Macの場合)

Macを持っているなら、ライトニングケーブルでiPhoneとMacを接続しましょう。
そしてQuickTimePlayerを起動すればMacの側でiPhoneの画面を収録できます。
※この方法なら画面上部は赤くなりません。
編集はMacで行うという方は、こちらのやり方の方がスムーズですね。

まとめ

  • iPhoneの画面を録画する時は、コントロールセンターからメニューを追加。
  • 編集時は可変フレームレートから固定フレームレートに変換。
  • 事前に通知は全部オフ。操作はゆっくり、丁寧に。
  • 赤い部分を隠したければスクリーンショットも撮っておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です