速度制限のないポケットWi-Fi!ギガファイルでもいけちゃうモバイルルーターを求めて

つい数日前、ポケットWi-Fiを解約した田中です。
といいますのは、〇〇会員のみ月額〇〇円で高速通信使い放題って広告にまんまと騙され、2年間もっさり通信のポケットWi-Fiに我慢を強いられてきました。

と言いますのは、ぼく自身ものすごくデータ通信が多いんです。
動画の仕事をしていると、動画データを送るためのギガファイルやGoogleドライブにアップロードなどなど、3日以内に2ギガ、3ギガなんて楽勝ですね。

そんなぼくが改めて、ポケットWi-Fiを選ぶ時に何に気をつけなければいけないかをチェックしていきたいと思います。

ポケットWi-Fi選びのポイント

通信速度

言うまでもなく、通信速度は速くないとやっていけません。特に動画などを扱うクリエイターやYouTuberなら、なおさらのこと。

通信速度の読み方をおさらいしておきましょう。
ワイモバイルさんの最新の広告を見てみると、

下り最大612Mbps

と書かれています。

下り・上り

下りがダウンロード(受信)、上りがアップロード(送信)を意味しています。

Mbps(メガ ビット パー セカンド)

他にもKbps(キロ…)やGbps(ギガ…)なども

  • KB(キロビット)
  • MB(メガビット)
  • GB(ギガビット)

これはデータの量を表しています。USBメモリなどを使う方ならわかりますね。

ps(パー セカンド)

毎秒〜という意味になります。

この二つが繋がって、毎秒〜MB(データ量)を送ったり、受信したり出来るよ。ということを表しています。

この場合、1秒ごとに612MBのデータを受信できるよ。ということになります。

しかし

ここで注意すべきなのは「最大」という言葉です。
この通信速度は最高の環境で、最高の状態なら、これくらい出るという意味で、
実際はそんなに速くありません!

必ず、比較やレビューサイトで「実測」と書かれた数値をチェックしましょう。

使用可能エリア

使用可能エリアは、ポケットWi-Fiがどのキャリアの回線を使っているかによって変わります。
たいがい都市部で繋がらないということはありませんが、地下鉄や繋がりにくい場所に強いのはソフトバンク、地上で高速なのはドコモだという声もあります。

速度制限

ポケットWi-Fiやスマホを使っていて、一番イヤなことの一つは速度制限ではないでしょうか。

月々の規定のデータ量を超えると、これでもかと言うほど通信が遅くなります。
YouTubeなんて見れたもんじゃありません。速度制限の通知メールを見ると、ストレスレベルが急上昇していると思います。

それ以上にやっかいなのは、3日間制限です。3日間に大量のデータ通信を行なったユーザーを特例的に通信制限にすることがあるのだそうです。
ぼくも一気に2ギガ、3ギガくらいのデータを送ることが常ですので、これに悩まされてきました。

しかし現状、ほとんどのポケットWi-Fiには3日間制限が存在します。

解約のしばりは?

解約までの期限はほとんどのものが2年間〜3年間。それ以前に解約したり、更新期間を過ぎて解約しようとすると、解約料がかかります。

契約する段階で解約する日のことまで考えておくのがポケットWi-Fiの賢い買い方だと思います。

月額はいくら?

月額250円など魅力的なことが広告などには書かれていますが、騙されてはいけません。小さく「初年度」とか「実質」と書かれています。

価格.comなどの比較サイトでチェックすると最初に表示されているのは、初年度の月額です。2〜3年の契約なら、2年目、3年目の実質費用をしっかりチェックしないと、あとでビックリすることになります。

またキャッシュバックキャンペーンはきちんと申請しないと返ってきません。その点については電話して確認するくらいした方がベターだとぼくは思います。

現状の一押しWi-Fi

NEXTmoible
さんのポケットWi-Fiがぼくの一押しです。(2018年4月現在)

通信速度:下り最大150Mbps、上り最大50Mbps

実測を調べた人によると、
下り20Mbps・上り10Mbpsくらいが平均とのこと

つまり500MBの動画を送るのに、だいたい50秒。
すごく速いわけではないです。
オンラインゲームなどやる人はやめた方がいいでしょう。

データのやり取りや、YouTube、インターネットの閲覧程度なら、不便はないレベルです。

使用可能エリア:ソフトバンク回線のエリア

使用可能エリアに関してはソフトバンクの回線を利用しているので、都心部や国内ではそんなに困ることはないでしょう。
ソフトバンクの対応エリアを参考にするとよいでしょう。

速度制限:現状無し

ここがポイントなんです。
他社と違って3日間の速度制限がありません。

それと、よくよく気をつけてもらいたいのは、
「今後、制限をかけさせていただく可能性もございます」の一文。
ユーザーが増えてくると制限がかかる可能性も出てきます。



3日間制限なしで利用できるのは、今だけかもしれません。
早めにNEXT Wi-Fiに移行して、2年後には次のポケットWi-Fiを検討しましょう。

ただ、規定のデータ量を超えてしまうと復活の手立てはないので、
その時は腹をくくってもらう必要があります。

契約期間:2年間

契約期間はどのプランも一律で2年間。そのあとは基本料が上がるので、解約して次のポケットWi-Fiを探しましょう。

月額:選べる3プラン

  • 20GB(月額2,981円)
  • 30GB(月額3,769円)
  • 50GB(月額5,270円)

以上の3つから選べます。

20GBか30GBが現実的かなと思います。
基本的にはスタバのFreeWi-Fiとかを利用した上で、どうしても必要な時にポケットWi-Fiを使うのが理想的なので、高額プランにする必要はないかと思います。

まとめ

移るなら、今のうち、これに関しては早い者勝ちです。3日間制限などがない間に、たっぷりNEXTmobileを利用して、時期がきたら次へ移行する。それが現代的なポケットWi-Fi利用法です。

ネクストモバイル
決めるならお早めに!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です